プロフィール

初めまして。こんにちは。
鹿角版画の早川純子です。
版画や、絵本を作っています。

ホームページを見てくださって、ありがとうございます。
名前につけている、鹿角(しかつの)は、鹿の角を
アンテナに見立てています。


頭の上についている《鹿の角アンテナ》で、作品のタネを受け止めて、どしどしワクワクする作品や絵本にしていく。
そして、できあがったワクワクをどんどん鹿角アンテナから発信しようと、名付け使っています。

のんびり気長によろしくお願いいたします。

このホームページでは、いままで作った、鹿、ウサギ、変な生き物などが、登場する版画や絵本を紹介します。

個展など、展示情報を掲載し、ブログなどと連動して、見にきていただいた方が、楽しめるように作っていけたらいいなあ。
(まだ作り途中ですみません。10月の個展に向けて整えていくぞ〜。)

私の絵の中を、旅するように巡ってくれると、うれしいです。


版画のこと
現在、私は木版画で作品を作っていますが、大学では、リトグラフという版画の技法を学びました。

(リトグラフ:水と油の反発を利用して、板にクレヨンで描いた絵を紙に刷る方法。版画の技法の一つ。)


ベニヤ板に絵を描いて、紙に絵をうつす、〈木版リトグラフ〉という方法で、作品を作っているうちに、いつのまにか......。

木版を彫刻刀で凸凹を彫り、作品を作るようになりました。

彫刻刀が嫌いで、木版ではなくリトグラフを選択してたのに、不思議なものです。

絵本では、アクリル絵の具で描いている作品が多いです。
今後は版画の絵本もたくさん作りまっす。お楽しみに〜。


ジョグジャカルタのこと
10年前にインドネシアの伝統芸能を題材にした、絵本の挿絵を担当し、初めてインドネシアに絵本の取材のために行きました。
そのことがきっかけで、インドネシアに縁が持てました。
 2011年の震災と原発事故の直後、ジョグジャカルタで、グループ展に参加。(当時は、ジョグジャも火山の噴火で大変でした。)
そして「手から手へ展」に参加しました。
 2015年には、半年ふら〜りと、インドネシア、ジャワ島にある古都ジョグジャカルタに滞在。
そんなこともあったのか、最近作る版画のモチーフの中に、現地で見かけた植物などが出てくるようになりました。
昨年(2017年)の夏も、インドネシア(ジョグジャカルタ)でグループ展をして、一ヶ月滞在する機会を持てました。
今後も繋がりが広がるのをワクワクしています。


個展のこと

2018年は、10月に個展を都内四谷で予定しています。

略歴

早川純子(はやかわじゅんこ)

東京生まれ

1997年 多摩美術大学院修了

大学で版画を学び、現在版画を作りながら絵本の仕事をしている。

主な絵本に、「まよなかさん」(ゴブリン書房)、「どんぐりロケット」(ほるぷ出版)、「山からきたふたご スマントリとスコスロノ」(乾千恵再話、松本亮監修/福音館書店)など多数。

主な挿画に、「みんなの家出」(藤田のぼる/著 福音館書店)「トリツカレ男」( いしいしんじ著/文庫版・新潮社)、草野心平詩集(草野心平著/角川春樹事務所)など


最近の個展

2015年  Gallery Jin(東京)「ゴロリはんぶん はんぶん」

2014年 ART ZONE KAGURAOKA (京都)「ゴロリすりでろ」

2012年 Gallery Jin  (東京)  「ゴロリ夜明けのバン」

2010年 Gallery Jin  (東京/谷中) 「ごろり玉手箱」

2009年 ギャラリートモス(東京/日本橋)「ごろり福引き」


最近の主なグループ展

2015年 EXPLORASI(BANYU BENING,Yogyakarta,Indonesia)

2014~2012年 手から手へ展- 絵本作家から子どもたちへ 3.11後のメッセージ -(長野、東京、京都、福島、福岡、札幌、Copenhagen,Amsterdam,Warsaw,Bratislava,Bologna)

2011 東京うさぎ (Bentara Budaya, Yogyakarta,Indonesia)

2009~2010 The 2nd Blue Book Group Exhibition (Iran,JAPAN,ARGENTINA,SPAIN)

他グループ展、絵本の原画展など多数。